FC2ブログ
--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.23 あしなが育英会 募金活動

今日はサークルであしなが育英会の募金活動に参加してきました
最初は外で募金の呼びかけを行っていたのですが、生憎の雨と突風でカッパを着ながらビラ配りをしました
しかし予想以上の雨風・寒さの為に急遽地下道での募金呼びかけに変更(それでも地下は寒かった…)

あしなが育英会とは
病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。国などからの補助金・助成金は受けず、すべて寄付金で運営しています。ご寄付の9割以上は個人の方からです。
(ホームページより抜粋)

是非、あしなが育英会のホームページも見てみてください
あしなが育英会ホームページURL

私達の学校は朝10時~12時30分まで活動していたのですが、沢山の方々が募金に協力して下さって本当に嬉しかったです
幼い子が小さな手に500円玉をぎゅっと握りしめながらこちらに駆け寄って来てくれたり
お年寄りの方が「ご苦労様。頑張ってね」などと声を掛けてくださったり
短い時間でしたが沢山の暖かい心に触れる事ができて、私自身とても良い経験ができました

昼頃からのセレモニーでは、一分間の黙祷を捧げた後、あしなが育英会のスタッフの方が自分の体験談を交えながら被災地で親を亡くしてしまった子供達の現状を話し、通行人の方々に募金を呼びかけていました
今日・明日の活動で集まったお金は、子ども達の奨学金、また遺児の心のケアの為の「レインボーハウス」等に寄付されます

大好きだったお母さん、お父さんを失い、毎日眠れない夜を過ごす子
自分の目の前で大切な家族が津波に流されてしまった子
震災の数日後、避難の際にはぐれてしまった家族の遺体と対面したショックから抜け出せない子……

震災は、今まで当たり前の様に隣にいた家族、家、思い出、そして希望までも簡単に奪ってしまいました
何にも変えられない尊い命を一瞬で奪ってしまいました

私達は遠くの地から、そんな子ども達に何かしてあげたい、未来を与えてあげたい
その一心で街頭に立ち募金を呼びかけています

本日募金にご協力いただいた沢山の方々に、この場を借りて改めてお礼を。
ありがとうございました!

~ちなみに今日の珍プレー集~

自分「(集合場所のメモを見ながら)すいません、南口アピア前ってどうやったら行けますか」
店員「あー、ここ一帯アピアなんですけど(笑)」

死にたい\(^o^)/


先輩「(プリクラの落書きで白熱した自分を見て)暑そうだね、カイロあげようか?」

嘘だろ\(^o^)/


スタッフさん「今日はお疲れ様でした。あ、皆さんのど飴どうですか?」
自分含む数名(すぐさま集まる)
先生「あんた達ほんと遠慮しないね」

マスカットマスカット\(^o^)/
スポンサーサイト
Comment

Secret

 TrackBack
TrackBackURL
→http://xxpm.blog55.fc2.com/tb.php/103-05d66f98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。